人生万事大丈夫

いろんなことに悩む暇があったら、さっさとネタにしてしまおう!

2013年08月

台風と床屋

大雨が降る。大風が吹く。
台風が接近すると年寄りは
なぜか外に出たがるものだ。
ところが年に一度の悪天候で
今日は患者は来ないと踏んだ
行きつけの病院は臨休だ。

行き場をなくした年寄りは
いちおう看板回している
床屋を見つけてはたむろする。
おかげで床屋は大忙しだ。
年に一度の大忙しだ。
加齢臭が来る。金が来る。

白い代車生活

白い代車生活
職場が遠い
白い代車生活
燃費が悪い
ブッブー

白い代車生活
ガソリン高い
白い代車生活
給料安い
ブッブー

白い代車生活
朝が早い
白い代車生活
夜が遅い
ブッブー

白い代車生活
道が悪い
白い代車生活
あと一週間
ブッブー

五分単位思考

気がつけばいつも十分単位思考をしている。
例えば誰かと九時に会う約束をした時
八時五十分までにその場所に着かないと
何か遅刻したような嫌な気持ちになってしまう。
別に九時ちょうどに着いても遅刻にはならないし、
仮に五十五分着ならマナー違反にもならない。

おそらくは切りがいいということで
もしくは覚えやすいということで
十分単位思考になっていったのだろうが、
そのために心が乱されてはかなわない。
これからは半分だけ切りがいい
もしくは半分だけ覚えやすい
五分単位思考をしていくことにしよう。

大雨が降る夜の草むらで

こんな大雨が降る夜の草むらで
涼しく鳴いている虫たちは
この雨に濡れていないのだろうか
巣の浸水に困ってないのだろうか
土砂崩れに悩んでないのだろうか
避難場所に逃れているのだろうか
稲光がまぶしくないのだろうか
雷の叫びが怖ろしくないのだろうか
もしかしてもしかしてもしかして
そんな命や生活に関わることよりも
異性を誘うことが大切なのだろうか
こんな大雨の降る夜の草むらで
涼しく涼しく鳴いている虫たちは

ショック

転校した小学校の同級生から
声変わりしたおっさん声で
電話がかかった時の
ショックをぼくは知っている

二十歳の頃、久しぶりに
初恋の人と会った時に
その人が孕んでいた
ショックをぼくは知っている

高校の同窓会名簿
親しかった友人の欄に
物故と書かれていた時の
ショックをぼくは知っている

若い頃に好きだった人が
おばちゃんになって
目の前に現れた時の
ショックをぼくは知っている

更にその人にはすでに
数人の孫がいると
聞いた時の
ショックをぼくは知っている

転勤した同僚が
目のやり場に困るような
頭になって現れた時の
ショックをぼくは知っている

残暑の夜

涼を求めて外に出るも
四方八方、遠赤外線の
ような暑さに囲まれて
どっちに向かっていいのやら
さっぱりわからぬ夜でした。

閉店間際のスーパーの前で
焼き鳥焼いておりました。
おいおいこんなにクソ暑いのに
炭火なんか使うなよ
焼き鳥臭まで暑苦しい。

いつまで経っても風は吹かぬ
雨まで降り出すしまつです。
おまけに雷鳴りだして
急きょ家に引き返す。
小走りする体が熱を持つ。

一時間勝負の記事

職場が家からけっこう離れた
場所になったため一時間早く
家を出なきゃならなくなった。
当然家に帰るのも一時間遅く
なっている。そのせいなのか
ブログの更新が出来ていない。
というか更新のタイミングが
うまくつかめていない現状だ
結局ここに書いている記事は
一時間勝負の記事だったんだ
と、思いながら通勤している。

ご一斉に

梅雨明けと前後して
それまで沈黙を守っていた
公園のクマゼミたちが
申し合わせたように
ご一斉にワシワシを始める。

立秋と前後して
それまで沈黙を守っていた
ツクツクボウシが
申し合わせたように
ご一斉に物語を始める。

お盆と前後して
それまで沈黙を守っていた
道ばたの虫たちが
申し合わせたように
ご一斉に鬼太郎を讃え始める。

お盆が過ぎてから
それまで沈黙を守っていた
中年以上の人たちが
申し合わせたように
体調不良を訴え始める。

夏休みが終わる頃
それまで外で騒いでいた
近所の子どもたちが
申し合わせたように
ご一斉に勉強部屋に隔離される。

アホらしい

毎日毎日アホらしい人生が
アホらしいことを書かせております。
何がアホらしいかと申しますと
朝起きてトイレに行くのがアホらしい。
朝飯抜いて会社に行くのがアホらしい。
昼飯何しようかと悩むのがアホらしい。
暑いさなかを歩きまわるのがアホらしい。
出先でトイレを我慢するのがアホらしい。
酒のつまみを買いすぎるのがアホらしい。
闇雲にウォーキングするのがアホらしい。
健康に良いと早寝するのがアホらしい。
人生万般、人事百般、アホらしい。
古今東西、東西南北、アホらしい。
そりゃもうすべてがアホらしい。

お盆の思い出

一人前に恋をしてるんだよと
母が息子の秘め事を触れ回る。
まあ、お盆に恋の話なんてと
近所のおばさんが笑い始める。
仕事を探す方が先だろうがと
親戚のおじさんが怒り始める。
そもそも恋とは何であるかと
読経後の坊さんが語り始める。
その恋のお裾分をしてくれと
仏壇のご先祖様が迫って来る。

夏風景

朝から晩まで夜中になっても
ワシワシワシとうるさいので
ケロケロと消しているのです。
彼らが鳴きたくなる気持ちは
わからないではないのですが
それではこちらの身が持たぬ。
子どものしつけもままならぬ。
だから私たち精々一杯精一杯
ケロケロと返しているのです。
ケロケロと返していくのです。
メニュー
記事検索
アーカイブ
カテゴリー
ギャラリー
  • シャッター
  • ジ・アウトレット北九州
  • クマバチ
  • 霊験
  • 地震だ
  • 手裏剣
  • 宗像大社に行く
  • シンクロ
  • 今年最後の歩き
電子書籍


吹く風



赤いエプロン

メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ