人生万事大丈夫

いろんなことに悩む暇があったら、さっさとネタにしてしまおう!

2007年11月

いつまでも続く階段

群がる虫たち その一粒のぼく
転ばないように気をつけて いつまでも続く階段
帰らしておくれ もう帰れないことを知っているから
このへんで休もうか 先はまだ長いから

いつかここに座って ため息をついた
幾度も幾度も 過去を振り返りながら
帰らしておくれ もう帰れないことを知っているから
もう足も動かないよ 目の前も真っ暗だ

このままここに 座っていたっていいんだ
誰も止めることは出来ないし 何が変わるわけでもない
帰らしておくれ もう帰れないことを知っているから
だけどもう歩き始めた 先はまだ長いから


いつまでも続く階段

日記帳

晴。もしも明日君に会えたなら
想い出をいっぱい君に語ろう
そして君が笑ってくれて、心を開いてくれたら
ぼくは熱い胸の内を君に贈ろう

夢を追いかけていた日に、いつも歌っていた
あの歌を君に聴かせてあげよう
君のために作った数々の愛の歌
それだけ歌ったら、口を開こう

 想い出がいっぱいありすぎて
 何を話していいのか
 わからなくなってしまって
 ぼくはジュースを一口

心の奥にきっと、わだかまりがあるんだな
ぼくはいくつもの恋を知って君の元に
また戻ってきた卑怯な男だから
何もかもがうまく言えずに君は白けて

 思いのままにしゃべれない
 こんなぼくだから
 失敗話や馬鹿話
 ぼくはまるでピエロさ

晴。もしも明日君に会えたなら
何を話せばいいんだろうか、ぼくにはわからない
そんなこんなで明け暮れる、ひとりぼっちの夜
明日はまた寝不足で、君に会えそうもない

あんな女

あんな女に惚れなきゃ
暗い過去を持たないで
楽しい暮らしが出来たんだろうに

取り戻せない時間の
いらだちもなかっただろうに
吹き狂った風、おれの若い日に

 きっと、おまえ、今頃どこかで
 舌を出して、笑ってるんだ

あんな女にもう二度と
騙されるようなことはない
あんなにおれを苦しめたんだから

 きっと、おまえ、今頃誰かの
 心の中に、住みついて…

あんな女に惚れるな
人の心くすぐって
気がついたときには、どこにもいない


あんな女


鳥は臆病者なのか?

昼間、川の近くを歩いていると、何羽かの鴨が向こう岸近くで泳いでいた。
今シーズン初めて見る鴨なので、カメラに収めておこうと携帯を取り出し、彼らに向けた。
その瞬間だった。
すべての鴨が飛び去ってしまったのだ。

ぼくから鴨までの距離は10メートルくらい。
川面と道の段差は2メールくらいあるし、さらに鴨は向こう岸を泳いでいるのだ。
そのため、10メートルでもぼくにはけっこう遠くに感じた。
だが、鴨の感覚ではそうではなかったようだ。

そういえば、前に鷺を写真に収めようとした時も、鴨と同じように逃げて行ったが、鳥というのはそこまで臆病なのだろうか。
ハトやカラスを見る限りでは、そうは思えないのだが。

騰々と

またまたわけのわからぬことをと思われましょうが、
私めただ騰々と流れに任せていきたいと思っております。
それについて世間様が何とおっしゃいましょうとも、
今は人生の必然として受けとめていきましょう。
見限られてもけっこうです。
それも必然として認めましょう。
いつもの変わり者のたわごとと受け取っといて下さいませ。
またまたわけのわからぬことをと思われましょうが、
今はただ騰々と流れに任せていきたいと思っております。

いつまでも歌っていよう

野に出ては君と二人で
いつまでも歌っていよう
古い草が足にからんでも
いつまでも夢はかけまわる

大声を張り上げて
いつまでも歌っていよう
力が尽きてしまっても
まだまだ口を動かして

夜になっても朝が来ても
いつまでも歌っていよう
心が張り裂けてしまっても
時がもし終わりを告げても

野に出ては君と二人で
いつまでも歌っていよう
まわりめく風の中で
いつまでも歌っていよう

冷たい風が吹いている

冷たい風が吹いている
服の隙間を刺してくる
ついさっきまで君の温もりを
感じていたぼくに、風は
ひとりぼっちの道で

夢ばかり追いすぎた
ぼくに君は飽きたのかい
もう少しぼくを信じて欲しかった
いつまでもぼくを支えて欲しかった、君に
叫んでみても届かない

狂ったように風は
大声上げて吹きまくる
こんなに君のいたことが
ぼくにとって大きなものだったなんて
寂しい雨が降っている

愛を知った男は
じっと涙を堪えて
女の幸せを望むように
見え透いた笑顔で身を引く
ぼくには、そんなことできやしない

 ぼくは悲しいから涙見せる
 本当に辛いから泣いてやる
 雨よ、すべてを流しておくれ


冷たい風が吹いている

出会い

ぼくは人との出会いというものがあまり好きではない。
会えば別れが辛いから…、というわけではない。
直感的に「こいつは合う」と思える人は問題ないのだが、もともとが人見知りなほうなので「どうもこの人は苦手だな」と思う人に出会ってしまうと、とたんに構えてしまうのだ。
構えるというのは、心がこわばっている証拠で、そういう心の状態をぼくは好まないわけだ。

構えもその時その場で終わればいいのだが、ずっと引きずるのだ。
仮にその人との付き合いが長く続いた場合、何かの折に構えが出てしまう。
それゆえに人からの評価が、その人その人で違うわけだ。
「しんたは底抜けに明るい」と思っている人は、ぼくが出会いの時に「こいつは合う」と思った人で、逆に「しんたはちょっと暗いから」という評価を下す人は、実はぼくが出会いの時から構えている人なのである。

そういう人見知りな性格のくせに、なぜか人と接する販売業を選んでいる。
ま、仕事は別というふうに割り切っていたわけだが、それでも苦手なお客さんというのはいた。
そういう人を相手にする時は、自分をさらけ出すのをやめて、「はいはい、おっしゃる通りです」と流れに任せていた。
だから、そういう人に接する時は、「何が何でも売ってやる」という気持ちは抱かなかった。
流れに任せていたので、買わなければ買わないでいいという気持ちだったのだ。

ところが、不思議なもので、そういう気持ちを抱いて接していると、なぜか売れるのだ。
それも高いものが。
お客さんはなぜか満足しているようで、その後もちょくちょく声がかかったものだ。
しかし、ぼくの心の片隅にある苦手意識がなくなったわけではなく、相変わらず「はいはい、おっしゃる通りです」で接していたのだった。

こういう出会いの時の直感を後生大事に持つ性格は、直感を重視するさそり座の人が普通に持つものなのだろうか。
今度、同じさそり座のオナカ君に聞いてみることにしよう。

もう帰ろうかな

つぶさに君の笑顔を浮かべても
涙の灰は過ぎて行く風でしょう?
でね、ぼくは日めくりをめくったんだ。
最初は一枚一枚が楽しかったけれど
だんだん、あきてしまってね。
それで君との時間があいてしまったんだ。
そうだね、
こんなことを電話で言ってもしょうがないけど
市ヶ谷から麹町に向かって行くんだ。
ずっと行くと左手にテレビ局があって
まだまだ先に行くと 
 …ぼくは行ったことないけど
退屈なんだよ、実際
やってることがいつも中途半端で
そのことについては何も後悔の念がなくて
いつもこれではいけないと思いながらも
また今日やってしまったよ。
寂しかったんだね、やっぱり
そんなこんなで半年やってきたけど
もう、帰ろうかな…

心の中の人

ああ、夢から醒めた後に
大きな愛がぼくを蔽い
輝きに満ちた一日を
ぼくは迎える

大きな恐れは昨日終わり
小さな戸惑いは打ち消されていく
ぼくの中の小さな闘いに
いつも愛は勝利を告げる

 ああ、心の中の人よ
 いつもぼくはあなたと過ごす
 遠い昔に
 描いたように

今日一日が愛で始まり
今日一日が愛で終わる
ぼくは心の中であなたと出逢い
そしてその時からあなたと過ごす

禁煙生活が終わった

忘れていたが、禁煙してからもう7ヶ月を超えている。
ふり返ってみれば、こんなに楽な禁煙はなかった。
とにかく、タバコのことを考えることが、ほとんどなかったのだ。

ずっと前にも禁煙したことがある。
その時は周期的にタバコのことが頭の中を巡ってきた。
最初は頭の中のタバコを打ち消していたが、そのうち打ち消すのが困難なほど頭の中に巡ってくる頻度が高くなった。
で、結局また吸い始めたのだった。

ところが、今回はそれがない。
タバコを見ても、そばで吸っている人がいても、どうってことないのだ。
前回一番きつい思いをした飲み会でのタバコも、まったく体が要求してこない。
ここを乗り越えたんだから、もう禁煙は卒業でいいだろう。
いや、また吸い始めるわけではない。
タバコを吸わないことが、禁煙という意識的な行為でなくなったことだ。
つまりタバコを吸わない生活が普通になったということだ。

こういう生活を何と呼んだらいいのだろう?
無煙生活か?不要煙生活か?不吸生活か?
ま、どうでもいいや。
体がタバコから解放されたんだから。
メニュー
記事検索
アーカイブ
カテゴリー
ギャラリー
  • シャッター
  • ジ・アウトレット北九州
  • クマバチ
  • 霊験
  • 地震だ
  • 手裏剣
  • 宗像大社に行く
  • シンクロ
  • 今年最後の歩き
電子書籍


吹く風



赤いエプロン

メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ